分子工学専攻

化学は物質の変換を扱う学問であるとともに、物性を電子構造・分子の配列と相互作用などとの関連で論じ、新しい機能をもつ分子や材料の設計を行う学問として、ますますその分野をひろげつつあります。分子工学は、原子・分子・高分子などが関わる微視的現象を対象とする基礎学問を支柱として、原子・分子・高分子の相互作用を理論的、実験的に解明し、その成果を分子レベルで直接工学に応用する新しい学問領域です。

分子工学専攻は、工学部石油化学科福井謙一教授のノーベル化学賞受賞(1981年)が契機となって、それに関連する物理化学系講座(石油化学教室、工業化学教室、化学研究所)が協力し、一部独立する形をとって、1983年に京都大学大学院工学研究科における初めての独立専攻として創設されました。従来、学部教育組織に組み込まれていなかった分子工学専攻は、その後の大学院重点化に伴う工学部化学系教室の改組によって、化学系他専攻とまったく同等の組織となり、現在では学部教育にも参加するようになっています。

分子工学専攻では、分子論的視野に立って、斬新な発想で基礎から応用への展開ができる研究者・技術者を育成することを目的として、新しい電子材料やエネルギー・情報関連材料などの開発のための基礎的研究を展開しています。その研究領域は、分子生物学的手法を用いたタンパク質の構造・機能解析、分子・分子集団や化学反応の理論解析及び理論設計、高機能の有機・無機材料の設計と合成、光触媒及び酸塩基触媒などの高性能触媒の開発、有機太陽電池、機能性有機材料、薬物送達システムの開発、光化学反応を基礎とした大気環境化学、有機-無機ハイブリッド低温溶融ガラス材料の設計と合成、物質のダイナミックスと流動変形特性の分子論的解明、有機デバイスの創製と基礎科学の構築、固体NMRによる構造・有機デバイス機能相関の解明、ガラス転移などの相転移の理論など、物質の理解と応用の本質に関わる広範な分野をカバーしています。