ホーム / 教育 / 学部教育 / 工学共通教育

工学共通教育

京都大学工学部では、工学部の各学科が提供する専門基礎科目・専門科目の他に、工学部の学生にとって共通して重要であり,科学技術を基盤とする研究者・技術者が備えるべき総合力を養う科目として,次のような工学部共通型授業科目を開講し,履修を推奨しています。

  1. 工学基盤科目
    工学を学び、これから工学の分野で活躍しようとする人に必要とされる基盤的な知識や心構え、社会的な役割、倫理的な責任等を学びます。
  2. 国際化英語科目
    国際化が進む中で、将来、社会で必ず必要になる英語能力を養うために、科学技術をベースにしたコミュニケーション能力の向上をめざします。この科目は授業の質を確保するために履修人数に制限があります。
  3. グローバルリーダー(GL)養成科目
    卒業後に、さまざまな分野でリーダーとしてグローバルに活躍し,社会に貢献できる人を育てることを目的とします。企業の見学・研究所訪問などによるフィールドワークやグループ討論を通じて、さまざまな課題を解決する手法を学びます。

これら一連の工学部共通型授業科目により,学部から大学院へのシームレスに繋がる工学系共通教育を展開しています。なお,工学部共通型授業科目の内、GL教育センターでは、下表に掲げる科目の提供、企画・調整を担当しています。各科目の詳細につきましては,GLセンターホームページをご覧ください。

共通型科目設計概念図.jpg

関連リンク