ホーム / 教育 / 大学院教育 / 教育ポリシー

教育ポリシー

京都大学大学院工学研究科 教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

京都大学大学院工学研究科は、基礎研究を重視して環境と調和のとれた科学技術の発展を先導するとともに、高度の専門能力と創造性、ならびに豊かな教養と高い倫理性を兼ね備えた人材を育成することをめざします。修士課程では、広い学識と国際性を修得させ、自ら課題を発見し解決する能力を有する高度技術者、研究者を、博士後期課程では、研究を通じた教育や実践的教育を介して、新しい研究分野を国際的に先導することのできる技術者、研究者の育成を目指します。具体的には、次のような方針に沿って教育を行います。

(修士課程)

  1. 学士課程での教育によって得た基礎知識及び研究能力を発展させ、より専門性を高める。
  2. 専門分野に関連し幅広い専門的知識を修得できるように、さまざまな分野を横断的に学修できるカリキュラムを編成・実施し、広い学識を修得させる。
  3. 研究を通じた教育や実践的教育を介して、研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、学術研究における倫理性等を備え、自ら課題を発見し解決する能力を育てる。
  4. 自己の研究を各専門分野において的確に位置づけ、その成果と意義を国際的な水準で議論し、必要に応じて協力体制を構築できる能力を育てる。

(博士後期課程)

  1. 研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識の修得に加え、研究を通じた教育や実践的教育を介して、研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、学術研究における高い倫理性等を備え、創造的研究チームを組織し新しい研究分野を国際的に先導することのできる研究者を育成する。
  2. 学問の過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究を位置づけて体系化を図るとともに、常に進取の精神をもって未踏の分野に挑戦する領域開拓者となり得る素地を形成する。
  3. 研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理観をもってその研究を見つめ、それが人や自然との調和ある共存という目的に適っているかどうか絶えず批判的に吟味できる力を育てる。

 

このような教育方針を実行するために、工学研究科では、修士課程教育プログラムに加えて、修士課程と博士後期課程を連携する教育プログラム(博士課程前後期連携教育プログラム)を開設しています。連携プログラムは、博士学位を有する技術者・研究者を育成するための教育プログラムです。二つの教育プログラムともに、学修専門分野の学識のさらなる深化・進展を目的とする科目(コア科目・メジャー科目)、広い学識の修得を目的とする学修専門分野とは異なる分野の科目(マイナー科目)、実践性の涵養を目的とする科目(On the Research Training科目、インターンシップ科目)が開講されています。また、国際性を育むために、国際インターンシップや英語で行われる授業も開講されています。

学生は、在学中、学修専門分野の研究室に配属され、教員の指導のもと特定の研究課題に取り組みます。その成果を修士論文あるいは博士論文としてまとめていくことと、指導教員との相談のもと、教育プログラムで開講される科目のなかから取捨選択し、学生の能力とキャリアパスに合わせた独自のカリキュラム(テーラメードカリキュラム)を構成し学修していくなかで、上記教育方針でめざすところの知識と能力を身につけられるようになっています。

 

京都大学大学院工学研究科 学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

修士(工学)

所定の期間在学し、工学研究科のカリキュラム・ポリシーに沿って設定した修士課程教育プログラムが定める授業科目を履修して、基準となる単位数(30単位)以上を修得するとともに修士論文の審査及び試験に合格することが、修士(工学)の学位授与の必要要件です。修士論文の審査及び試験は、その論文が工学研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、修士学位申請者が研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、専門分野に関連する幅広 い専門的知識、学術研究における倫理性を有しているかどうか等を基に行われます。

なお、学修・研究について著しい進展が認められる者については、在学期間を短縮して修士課程を修了することができます。

博士(工学)

所定の期間在学し、工学研究科のカリキュラム・ポリシーに沿って設定した博士後期課程プログラムが定める授業科目を履修して、基準となる単位数(10単位)以上を修得するとともに博士論文の審査及び試験に合格することが、博士(工学)の学位授与の必要要件です。

博士論文の審査及び試験は、その論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、博士学位申請者が研究企画・推進能力、 研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に行われます。

なお、学修・研究について著しい進展が認められる者については、在学期間を短縮して博士後期課程を修了することができます。

修士課程学位審査基準

修士課程の修了は、修士学位申請者が提出した修士論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、修士学位申請者が研究 の推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、学術研究における倫理性を有しているかどうか等を基に認定されます。

上記については、修士学位論文発表会等での口頭試問や、研究指導を受けている時に行った活動(研究室におけるゼミナール、On the Research Training、インターンシップ等)を通じて評価されます。

修士学位申請者は、修士学位論文の審査を研究科長に願い出ます。専攻長は、論文内容について発表会等を開催するとともに、当該論文の内容調査と申請者が修士課程を修了するに十分な能力・知識を有しているかの調査を行い、その結果を工学研究科会議に報告します。工学研究科会議は3分の2以上の構成員が出席した会議で調査結果に基づき判定を行います。

専攻によっては研究指導に際して進級審査等、また論文提出に際して中間報告・審査等の独自の規定を設けていることがあります。審査手順の詳細については所属専攻のホームページ等で確認してください。

博士後期課程学位審査基準

博士後期課程の修了は、博士学位申請者が提出した博士論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているかどうか、博士学位申請者が 研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に認定されます。

上記については、博士学位論文の予備検討委員会、調査委員会ならびに公聴会での口頭試問や、研究指導を受けている時に行った活動(関連学会や学術誌への論文発表、国内・国際会議等での発表、研究室におけるゼミナール、On the Research Training、インターンシップ等)を通じて評価されます。

博士学位申請者は、博士学位論文の予備検討を所属専攻の専攻長に願い出ます。専攻長は予備検討委員会を設置し、提出された論文が博士学位論文の審査の請求に 値するか否かを判断します。審査の請求に値すると認められた場合は、工学研究科長は論文調査委員会を設置します。調査委員会は、提出された論文について公聴会を開催するとともに、当該論文の調査と申請者が博士課程を修了するに十分な能力・知識を有しているかの調査を行い、その結果を工学研究科会議に報告します。工学研究科会議は3分の2以上の構成員が出席した会議で調査結果に基づき審査判定を行います。

専攻によっては研究指導に際して進級審査等、また論文提出に際して中間報告・審査等の独自の規定を設けていることがあります。審査手順の詳細については所属専攻のホームページ等で確認してください。

関連項目