ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 総務課 / サウジアラビア王国キング・ファハド石油鉱物資源大学の訪問団が桂キャンパスを見学されました(2011年2月8日)

サウジアラビア王国キング・ファハド石油鉱物資源大学の訪問団が桂キャンパスを見学されました(2011年2月8日)

掲載日:2011/02/09

2011年2月8日、サウジアラビア王国キング・ファハド石油鉱物資源大学の教職員・学生23名が桂キャンパスを訪問されました。キング・ファハド石油鉱物資源大学はサウジアラビア有数の国立大学で、世界一の石油埋蔵量を誇る同国の石油・鉱物資源分野と、それに結び付く工学、経営学などの分野の学術研究を専門的に行っています。

cクラスター

地中レーダの説明をする後藤准教授

Dr.yamada

研究紹介をする山田准教授

まず、一行は、北浦広報渉外掛長、赤塚広報渉外掛員、中村留学生掛主任、内堀国際協力掛員に出迎えられた後、Cクラスターへ移動し、社会基盤工学専攻の後藤准教授の指導のもと地中レーダのデモンストレーションを体験したほか、都市社会工学専攻の山田准教授の「アナログモデルによる断層形成実験」、社会基盤工学専攻の武川助教の「水槽実験による地震波探査技術試験」のデモンストレーションを見学しました。

次にAクラスターに移動し、物質エネルギー化学専攻の江口研究室を訪問し、松井講師や大学院生から研究活動の紹介を受けました。続いて、西本教授の案内で質量分析室を訪問し、桑田分析・解析技術室員より機器説明を受けた後、西本研究室を訪問し、西本教授、田邊准教授から研究内容や実験設備について説明を受けました。

Aクラスター

松井講師の研究内容紹介を聞く一行

walking

西本教授、Aldini教授を先頭に移動する一行

最後に、Aldini教授の感謝の言葉とともに、盾が贈呈されました。

一行は、過密スケジュールにもかかわらず精力的に日程をこなし、帰路に着かれました。