ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 学術協力課 / 台湾の国立成功大学工学院長 一行が工学研究科長を訪問されました

台湾の国立成功大学工学院長 一行が工学研究科長を訪問されました

掲載日:2013/04/05

台湾の国立成功大学(National Cheng Kung University (NCKU))工学院の Pao-Shan Yu工学院長ご一行4名が、2013年4月2日(火)に工学研究科長を表敬訪問され、本学工学研究科の北野正雄 研究科長、大津宏康 副研究科長(工学国際交流委員会委員)、長谷部伸治 教授(工学国際交流委員会副委員長)と懇談されました。

京都大学工学部・工学研究科と国立成功大学工学院は2006年に学術交流協定を締結し学術研究の相互協力を実施していますが、今回の訪問は交流の一層の活性化を目的として、両校のトップ会談に加えて関連する教員・研究室も訪問されました。

会談では、現在までの両校の交流を振り返るとともに、教員・研究者・学生の交流をより活発に行うため今後も学術交流協定のもと、シンポジウムやワークショップの開催による研究交流、また、双方の学生派遣による教育研究交流を進めてゆくことが確認されました。今回の訪問により、両校の研究教育のさらなる連携強化が期待されています。

gift20130402
記念品の交換

taiwan20130402
国立成功大学工学院長からの活動紹介

all20130402
研究科長室にて
(左から)Jian-Hong Wu教授、大津宏康工学副研究科長、Jui-Hsiang Liu工学院副院長、
北野正雄工学研究科長、Pao-Shan Yu工学院長、長谷部伸治教授、Yung-Chun Lee教授

 

[関連リンク]

arrow-right.png部局間学術交流協定締結状況