ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 学術研究支援センター / 京都大学テックコネクト2017Ⅱ「エネルギー変換と環境発電」を開催しました

京都大学テックコネクト2017Ⅱ「エネルギー変換と環境発電」を開催しました

掲載日:2017/09/14

桂キャンパスのイノベーションプラザで標記のイベントを開催いたしました。京都大学(学術研究支援室(KURA)、工学研究科附属学術研究支援センター、産官学連携本部)と京都市が連携して主催しました。
このイベントは、工学研究科を中心に本学の研究シーズを産業界に広く紹介し、産学連携につなげることを目的として、年二回開催しています。8回目となる今回は、産業界を中心に76名と多数の参加者がありました。

テーマである「エネルギー変換と環境発電」にちなんだ、地熱発電、インフラセンシング、蓄熱材料、光触媒に関する4件の研究シーズ発表、京都市など近隣の産学連携機関のポスター展示、および今回ご協力いただいたエネルギーハーベスティングコンソーシアムの紹介が行われました。最新の研究成果の講演に対し、熱心な討論が行われ、講演後の交流タイムには多くの方が講演者と名刺交換されていました。

アンケートには、講演者に対し産業界から多数の面談希望が寄せられ、公募機関や産学連携機関から貴重な意見をいただきました。今後、面談希望企業と講師をマッチングし、産学連携につなげていく活動を行います。次回は、東京で開催し、産業界により広く本学の研究シーズをアピールする予定です。

     技術講演会の一場面     ポスター発表の様子

           技術講演会の一場面                    ポスター発表の様子