ホーム / 研究 / 産官学連携制度 / 制度の紹介・適正管理・ポリシー

制度の紹介・適正管理・ポリシー

制度の紹介

  • 共同研究
    企業等と本学が、相互に研究者、研究費、研究設備等を出し合い、対等の立場で共通の課題について研究に取り組み、優れた研究成果の創出を目指す制度です。
  • 受託研究
    本学が企業等から委託を受けて研究を行い、その研究成果を委託者に報告する制度です。
  • 各種研究員
    学部、研究所等において高度の専門的知識を有する者に、特定の事項について研修の機会を与える研修員制度や民間会社等の現職技術者及び研究者に対し、本学において大学院で行う程度の研究の機会を与え、その能力の一層の向上を図る受託研究員制度などがあります。
  • 寄附金
    民間企業等や個人篤志家などから本学に寄附して頂き、学術研究や教育の充実・発展及び大学の運営のために活用する制度です。寄附金による研究成果は、直接寄附して頂いた方に還元されるものではありませんが、本学の研究水準を押し上げるものであり、ひいては社会に還元されるものです。
  • 寄附講座・寄附研究部門
    寄附講座・寄附研究部門とは、設置及び運営に必要な経費(人件費、研究費、運営費)を民間等からの寄附によって賄われる教育研究組織をいいます。研究科に設置される場合を「寄附講座」、研究所又は研究センターに設置される場合を「寄附研究部門」としています。

公的研究費の適正管理

ポリシー