ホーム / 教育 / 教育プロジェクト等 / 博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

 京都大学では、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへ導くため、2012年度から博士課程教育リーディングプログラムを開始しました。
 工学研究科では以下のプログラム(5年一貫コース)に参画しています。

グローバル生存学大学院連携プログラム

 5専攻(社会基盤工学専攻、都市社会工学専攻、都市環境工学専攻、建築学専攻、機械理工学専攻)が2012年度より参画しています。

デザイン学大学院連携プログラム

 4専攻(建築学専攻、機械理工学専攻、マイクロエンジニアリング専攻、航空宇宙工学専攻)が2013年度より参画しており、当プログラムの履修生は融合工学コースのデザイン学分野(5年型・4年型・3年型のいずれか)に所属することになります。

充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム

 9専攻(機械理工学専攻、マイクロエンジニアリング専攻、原子核工学専攻、材料化学専攻、物質エネルギー化学専攻、分子工学専攻、高分子化学専攻、合成・生物化学専攻、化学工学専攻)が2013年度より参画しており(原子核工学専攻は2014年度からの参画)、当プログラムの履修生は、融合工学コースの総合医療工学分野所属の学生より選抜されます。