ホーム / 文献の探し方 / 学習・研究サポート / レポートを書くために

レポートを書くために

1. レポートの書き方を学ぶ

図書館には、レポートの書き方をわかりやすく説明する図書が多数あります。
取り掛かりに困ったときは、まず学術的文章の書き方や構成の組み立て方から学びましょう。

また、全学の図書館・室で定期的にレポート支援の講習会を開催しています。
こちらにもぜひ参加してみてください。

図書の検索の仕方

京都大学蔵書検索 KULINEを使って探すことができます。
なかでも、図書館がおすすめするレポート作成支援図書には以下のタグを付けています。

タグを活用して、おすすめリストから役立つ図書を探してみましょう。
さらに所蔵館を絞り込むことで、よく使う図書館・室にある図書や、ご自分の専門テーマに合った図書など効率的に調べることができます。

KULINEの詳しい使い方

講習会に参加

附属図書館

大学院生による学習サポートデスクを設けています。
レポートの書き方以外にも、授業の困り事・図書の探し方など、学習・研究の悩みを先輩に相談することができます。

吉田南総合図書館

年間を通じてさまざまな講習会やイベントを開催しています。
最新情報はおしらせやTwitterからご確認ください。

 2. テーマに関連する文献・情報を探す

よりよいレポートを書くためには、先行研究の文献・資料を収集して、その研究の全体像を知ることが大切です。
また、これから取り組むレポートの方向性も見えてくるはずです。
レポートの基本構成を学んだあとは、テーマに沿って参考となる文献を探しましょう。

文献の選び方

  • 先生から指定されている参考文献を探す
  • 指定された参考文献の、さらに参考文献リストを見てみる
  • KULINEでテーマや関連キーワードを検索する

さらに深く探すときは

データベースで情報収集

図書のほかに、データベースで情報や統計資料を調べることができます。
過去の新聞記事などにも着目して、役立つ情報を集めましょう。

3. 参考文献リストを載せる

レポートの最後には、必ず論旨の根拠となった参考文献の情報を載せましょう。
参考文献リストの目的は以下のとおりです。

  • 自身の論文の新規性、独創性、信頼性の明確化
  • 先行する著者(先人・先輩)に対する敬意
  • 出典の明示
  • 読者に対する情報提供

(参考)SIST 科学技術情報流通技術基準 > 参考文献の役割と書き方

参考文献の書き方

参考文献情報の書き方にはさまざまな様式があります。
一例として、科学技術振興機構が提唱するSIST02では以下の書き方を定めています。

  • 図書の場合
    著者名.書名.版,出版社,出版年,総ページ数(,シリーズ名,シリーズ番号)
  • 雑誌論文の場合
    著者名.論文名.誌名.出版年,巻数,号数,はじめのページ-おわりのページ

※ピリオド(.)やコンマ(,)、ハイフン(-)の使い方もルールで決められています。

研究分野別の書き方は