授業科目名 : 核融合プラズマ工学

科目コード 10C038
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講年度・開講期 後期
曜時限 水曜3時限
講義室 C3-講義室5
単位数 2
履修者制限
授業形態 講義
使用言語 日本語
担当教員 所属・職名・氏名 村上定義

授業の概要・目的

核融合を目指した超高温プラズマ,特に磁気閉じ込めプラズマの振る舞いについて,それらを支配している線形・非線形の物理現象について,運動論的な観点から講述する.磁場中の粒子のドリフト運動,衝突性輸送,ミクロ不安定性,乱流輸送,プラズマ加熱,周辺プラズマ,プラズマ計測等について講義を行う.

成績評価の方法・観点及び達成度

複数回のレポートにより評価を行う.

到達目標

プラズマの運動論的な解析法の基本について修得し,プラズマ輸送や加熱など磁場閉じ込め核融合核融合プラズマ中に見られるの線形・非線形の物理現象を理解する.

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
トーラスプラズマとMHD 1 トカマクなどトーラスプラズマの配位および磁気流体的平衡について
粒子軌道 2 トーラスプラズマ中の粒子のドリフト軌道について
粒子間衝突と輸送 2 粒子間の衝突による速度空間中の散乱や,その結果による輸送(古典輸送および新古典輸送)について
微視的不安定性 2 速度空間における不安定性や乱流輸送を引き起こす不安定性について
乱流輸送 1 乱流輸送について
閉じ込め則 1 プラズマ閉じ込めスケーリングについて
プラズマ加熱 3 ジュール加熱,中性粒子入射加熱,波動加熱について
周辺プラズマ 1 周辺プラズマにおける原子プロセスなど物理現象について
プラズマ計測 1 現在使われている主なプラズマ計測法について
学習到達度の確認 1 これまでの学習について到達度の確認を行う.

教科書

参考書等

履修要件

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)