授業科目名 : JGP セミナーⅠ

科目コード 10P448
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講年度・開講期 通年
曜時限 開講時に指示
講義室 開講時に指示
単位数 0.5
履修者制限
授業形態 集中講義
使用言語 英語
担当教員 所属・職名・氏名 学際融合センター・JGP特任招へい教授
化学系6専攻・関係教員

授業の概要・目的

京都大学ジャパンゲートウェイ構想(JGP)で招へいする特任招へい教授等によって実施される、テーマを絞った一連の講義である。世界トップレベルの研究者から講義を受けることにより、その特定分野の最新の動向を把握すると共に、視野を広げることを目的とする。

成績評価の方法・観点及び達成度

4回以上の一連の講義への出席を必須とする。講義中に与えられた課題のレポート、あるいは試験の評点によって評価する。

到達目標

化学あるいは化学工学の1つの分野における基礎的事項あるいは最新の動向を英語で学んで理解し、英語で議論やレポートを書く能力を身につける。

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
序論 1 一連の講義の概要を説明する。
テーマ講義 2 特定の内容について、詳細な説明を行う。
総括 1 講義のまとめを行うと共に、理解力を測る演習を行う。

教科書

プリントを配布する。

参考書等

適宜、指示する。

履修要件

講義の主題となる内容の基礎的な知識と、講義を理解するのに必要な英語力を有すること。

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)

特別招へい教授の講義には、世話専攻の教員が授業に参画し、学生の学習を支援・補助する。このコースは複数の研究者による一連の講演のセットとして設定される場合もある。