科目名 : 対話・安寧の都市論

科目コード 10Z063
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講期 前期
曜時限 水曜3・4時限
講義室 C1人融ホール、医学部構内杉浦地域医療研究センター杉浦ホール
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語 日本語
担当教員 関係教員

講義概要

安寧の都市について複数の教員による工学,医学の融合した視点からの問題提起を行い,履修生と対話を通して理解を深め,安寧の都市クリエーターとしての基礎的な素養を身につけることを目標とする.なお,本講義は二コマ連続で行うことを原則とする.

評価方法

出席状況とレポート内容を総合して成績を評価する.

最終目標

安寧の都市を実現するために解決すべき諸問題について,自ら考え,思考し,問題解決能力を身につける.

講義計画

項目 回数 内容説明
ガイダンス、高齢社会 2 二木淑子
小山真紀土井勉
孔相権
ストレスを身体的・心理的側面から語る 2 三谷智子
村上由希
みとりとまちづくり 2 土井勉
孔相権
フィールド学習 2 特定教員
フィールド学習の振り返り 2 特定教員
高齢者(身体機能と住居・生活) 2 坪山直生
孔相権
地形を景観と災害の視点から 1 坪山直生
孔相権清野純史
山田圭二郎
タイトル未定(欧米の制度1) 2 野本愼一
安東直紀

教科書

講義の際に紹介する.

参考書

講義の際に紹介する.

予備知識

特別な予備知識は必要としない.

授業URL

http://www.ulc.kyoto-u.ac.jp/

その他

修得した単位が課程修了に必要な単位として認定されるか否か、所属する専攻において確認すること
開講場所が病院キャンパス杉浦地域医療研究センター、桂キャンパス人融ホール、フィールド学習と変則的に変動するため、開講場所についてはユニットホームページに掲載している時間割(ユニットホームページの公開カレンダーを含む)で必ず確認すること
講義日程等詳細は授業URLを参照