授業科目名 : 基礎数理演習

科目コード 90900
配当学年 2年
開講年度・開講期 平成30年度・前期
曜時限 火曜・3~4時限
講義室 総合研究8号館講義室1
単位数 2
履修者制限
授業形態 演習
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 情報学研究科・講師・宮崎修次,情報学研究科・助教・上岡修平,情報学研究科・助教・筒広樹,情報学研究科・助教・山口義幸

授業の概要・目的

主として、線形代数学、微分積分学、質点・剛体の力学の演習を行う。基礎的な問題からやや高度な応用問題まで含まれている。授業中は、課された演習問題を基礎事項を記した配布物を参照しながら解答する。授業中は、担当教員やティーチングアシスタントに自由に質問してよいが、配布物以外の教科書、参考書、ノート類は参照せずに解答し、授業時間内に提出する。提出された答案は添削され、返却される。

成績評価の方法・観点及び達成度

毎授業時に提出された答案を採点し、総得点により評価する。定期試験は実施しない。

到達目標

線形代数学、微分積分学、力学の内容を問題演習により復習し、基礎的な理解を徹底する。教員、TAとの質疑・応答を通じて質問表現力を養う。基礎力養成と同時に、応用問題を解くことによって問題解決能力を高める。

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
線形代数学1 1 基底、線形写像
線形代数学2 1 行列の階数、行列式、逆行列
線形代数学3 1 行列の固有値、対角化
線形代数学4 1 内積、二次形式
微分積分学1 1 偏微分
微分積分学2 1 極値問題
微分積分学3 1 重積分、累次積分
微分積分学4 1 多重積分の変数変換
微分積分学5 1 ベクトル解析
力学1 1 運動学、運動法則
力学2 1 保存力、中心力による運動
力学3 1 相対運動と非慣性系における運動方程式
力学4 1 質点系の運動
力学5 1 剛体の運動
力学6 1 固定点のまわりの剛体の回転運動,固定点のない剛体の運動

教科書

受講した全学共通科目(線形代数学A・B、微分積分学A・B、物理学基礎論A・B、力学続論など)で指定された教科書を活用すること。

参考書等

受講した全学共通科目(線形代数学A・B、微分積分学A・B、物理学基礎論A・B、力学続論など)で指定された参考書、配布資料、講義ノートなどを活用すること。

履修要件

全学共通科目(線形代数学A・B、微分積分学A・B、物理学基礎論A・B、力学続論)の履修を前提としている。

授業外学習(予習・復習)等

上記の授業計画の内容説明に相当する部分を、この授業の配布物や受講した全学共通科目(線形代数学A・B、微分積分学A・B、物理学基礎論A・B、力学続論など)で指定された教科書、参考書、配布資料、講義ノートなどを活用して予習すること。また、返却した答案の添削を参考にして復習すること。

授業URL

その他(オフィスアワー等)

授業中に担当教員やティーチングアシスタントに質問する十分な時間を設けるので、オフィスアワーは設けない。15回の講義を実施し、定期試験とフィードバック授業は実施しない。