科目名 : システム工学実験

科目コード 90930
配当学年 3年
開講期 後期
曜時限 木曜・金曜・3時限4時限
講義室 3号館情報処理演習室2・工学部総合校舎202号室・工学部6号館412号室・413号室・314号室・315号室(ガイダンスの際に各実験課題の実施場所を伝える)
単位数 2
履修者制限 原則として、第1回目のガイダンスへの出席を履修の条件とする。病気などのやむを得ない事情でガイダンスに出席できない場合には、事前に担当教員(不明な場合には教務掛)に連絡すること。
講義形態 実験
言語
担当教員 林(俊)・松本・鷹羽・大久保

講義概要

数理工学において習得するシステム工学手法,特にオペレーションズリサーチと制御に関する実験・演習を行なう.
オペレーションズリサーチに関する実験2課題と制御に関する実験2課題から各1課題を選択し,学期の前半と後半にそれぞれ1課題ずつを行う.

評価方法

出席,各実験課題のレポートによる評価を行う.課題に取り組む態度も重要視される.

最終目標

実システムを対象として,オペレーションズリサーチ・制御工学に関する システム設計のプロセスを体験学習することにより,数理工学の理解を深める. 理論と実際における現象の違いを認識し,対象のモデリング・解析・設計を 通して,数理工学的なアプローチによる問題解決法を学ぶ.

講義計画

項目 回数 内容説明
ガイダンス 1 各実験課題の概説およびグループ分けを行う.
通信ネットワーク設計[OR] 14 1. 通信ネットワーク設計の基本的方針(ケーススタディ)
2. トラヒック理論と性能評価
3. ネットワークのルーチングと信頼性理論
4. 通信ネットワークのモデリングとシミュレーション
5. グラフ理論の適用とネットワーク最適化
・実施にあたっては,Maple, NS2, C言語を用いる.
交通流均衡問題に対する最適化アプローチ[OR] 14 1. 交通流均衡モデルの導出
2. 相補性問題への定式化
3. 相補性問題の解法
4. コンピュータによるアルゴリズムの実装
5. 均衡解に対する感度解析
・実施にあたっては,MATLABを用いる.
フレキシブルリンクの制御実験[制御] 14 1. フレキシブルリンクの物理モデルの導出
2. 周波数応答に基づくパラメータ同定
3. フィードバック補償器の設計
4. フィードフォワード補償器の設計
・実施にあたっては,制御用ソフトMATLAB/SIMULINK を用いる.
倒立振子の制御実験[制御] 14 1. Matlab / Simulink の基本操作の習得
2. 倒立振子の物理モデルの導出とパラメータの推定
3. 状態空間法に基づく制御系の設計
4. 極配置,最適レギュレータによる倒立振子の安定化
5. 倒立振子の振り上げ制御
・同時期に開講されている現代制御論の履修を推奨する.

教科書

必要に応じてプリントを配布する.

参考書

必要に応じて指定する.

予備知識

情報学科数理工学コースで開講している各種基礎科目の修得を前提としている.

授業URL

その他