科目名 : 基礎情報処理演習

科目コード 230115
配当学年 1年
開講期 前期
曜時限 金曜・5時限
講義室 3号館情報処理演習室2
単位数 2
履修者制限
講義形態 演習
言語
担当教員 大島

講義概要

Unixワークステーションを道具として使いこなすための演習である。

評価方法

演習の出席状況、演習中に課す課題の提出状況により評価する。

最終目標

Unixにおけるコンピュータリテラシの習得が目標である。

講義計画

項目 回数 内容説明
UNIXシステムの基本的な利用方法 2 UNIXシステムの基本的な利用方法を習得する. Xウィンドウ, ファイルシステム, コマンド等の操作演習を行う.
Shell・文書作成 (エディタ Emacs) 3 シェル, Emacs系エディタの基本操作習得および文字入力の演習を行う.
セキュリティ・メール・ウェブ 1 情報セキュリティの基礎を習得する. メールクライアントの設定, 読み書きの方法を習得する. ウェブを使ってさまざまな情報やデータを検索する演習を行う.
LaTeX 2 LaTeXを用いた文書作成法の基礎を習得する.
図・グラフの作成とファイルフォーマットの変換 3 gnuplot, tgifを用いた図・グラフ作成法, ファイルフォーマット変換法の基礎, およびそれらのLaTeXにおける利用法を習得する.
文字処理・計算を行う簡単なプログラミング 1 AWKを用いた文字処理, 計算プログラミングの基礎を習得する.
総合課題 3 応用課題に取り組むことによって, 本演習で習得した技術の理解と応用力を深める.

教科書

基礎情報処理演習テキスト(生協で販売) (必須)

参考書

予備知識

授業URL

http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/~ohshima/kiso/

その他

当該年度の授業回数などに応じて一部省略、追加がありうる。また,習熟度に応じて講義内容を変更することがある。アルゴリズムとデータ構造入門(91150)で予備知識とするために履修を強く奨める。また,計算機科学コースでは計算機科学実験及演習1(90210)で予備知識とするために履修を強く奨める。基礎情報処理演習テキストは初回から使用するので準備しておくこと。情報環境機構(学術情報メディアセンター)教育用コンピュータシステムのアカウントが必要なので受講前に必ず取得しておくこと。さらに、情報セキュリティe-Learningを受講すること。