松隈 啓

略歴

2008年3月 京都大学工学部物理工学科 卒業
2010年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程機械理工学専攻 修了
2013年3月 京都大学大学院工学研究科博士後期課程機械理工学専攻 修了
2012年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(DC2より資格変更)於 東京大学
2013年11月 大阪大学 特任研究員
2017年9月 東北大学大学院工学研究科ファインメカニクス専攻 助教

メッセージ

松隈 啓■現在の職務内容について
精密計測、光工学に関する研究に従事しております。また、教育職として研究室の学生の指導の他、学部学生向けのプログラミングに関する授業や実験等の実習の指導を行っています。

■博士学位を取得しようと考えた動機
多くの企業で行う近い将来のための研究よりも、大学や研究所等で研究者になり、もう少し遠い未来を創る研究者になりたいと考えました。そのために、博士の学位が必須であることから取得を目指しました。

■博士学位の取得の意義について
特定の職業に就くためのライセンスとしての意義はもちろんあります。しかし、それよりは自分の研究のスタイルの基礎固めの期間としての意味合いの方が大きいと思います。仕事を進めるにあたって、学生時代に得た研究に対する向き合い方・技術等は異なる分野に移ったとしても生きる術になりうるものです。

■進学の際不安に感じていたことについて
博士を出ても仕事を得られるかどうかは分からないと言われます。特に大学・研究所に関しては需要に対して供給が圧倒的に多い状況にあります。私も進学の際、不安に感じていたことです。私は運よく仕事を得ることができましたが、私より圧倒的に優秀でも職がなく困っている方もいらっしゃいます。また、大学・研究所での研究を諦め、企業に就職した方の中には、博士を取る必要はなかったのではないか、と考える方もいるようです。これらはおそらく、個人の信条にも依りますし、これまでもこれからも博士人材の不安の種として残り続けることになる課題だと思います。

■後輩へのメッセージ
苦難もあり、勧める気はありませんが、様々な可能性を秘めた道でもあります。自分の理想、将来像を考えて自分にとって必要なものかを見極めてください。

 2019年5月掲載)