ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】クモ糸の階層構造を初めて再現 -シルクタンパク質の液液相分離による階層構造形成-

【研究成果】クモ糸の階層構造を初めて再現 -シルクタンパク質の液液相分離による階層構造形成-

掲載日:2020/11/10

 沼⽥圭司 ⼯学研究科教授(理化学研究所チームリーダー)、アンドレス・アリ・マライ 理化学研究所研究員、荒川和晴 慶應義塾⼤学准教授らの研究グループは、クモの牽引⽷の階層構造を⼈⼯的に再現することに初めて成功しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。

 関連リンク

京大ホームページ