ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】メチル基1つでDNAの運動性が変わることを解明 -運動性というDNA上の目印-

【研究成果】メチル基1つでDNAの運動性が変わることを解明 -運動性というDNA上の目印-

掲載日:2020/12/23

 Erik Walinda 医学研究科助教、菅瀬謙治 工学研究科准教授、古川亜矢子 横浜市立大学特任助教、有田恭平 同准教授の研究グループは、ゲノムの安定性や遺伝子発現の制御などに関わるDNAのエピゲノム修飾が二本鎖DNAの局所的な運動性を大きく変化させることを明らかにしました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。

 関連リンク

京大ホームページ