ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】環境触媒が窒素酸化物を除去するメカニズムを理論的に解明 -自動車排ガス浄化触媒における触媒担体の役割-

【研究成果】環境触媒が窒素酸化物を除去するメカニズムを理論的に解明 -自動車排ガス浄化触媒における触媒担体の役割-

掲載日:2021/01/05

 佐藤徹 福井謙一記念研究センター教授、細川三郎 学際融合教育研究推進センター(触媒・電池元素戦略ユニット)特定准教授、寺村謙太郎 工学研究科准教授、田中庸裕 同教授らの研究グループは、自動車排ガス浄化触媒である銅/アルミナ触媒が窒素酸化物(NOx)を効率よく除去するメカニズムを理論的に明らかにしました。

 なお、本研究成果は文部科学省 元素戦略プロジェクト研究拠点形成型「京都大学 実験と理論計算科学のインター プレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点」ならびにJSPS 科研費 基盤研究Cの助成を受けて行われました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

田中研究室