ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】ソフトな陰イオンをもつ逆ペロブスカイト化合物で高速イオン伝導を達成

【研究成果】ソフトな陰イオンをもつ逆ペロブスカイト化合物で高速イオン伝導を達成

掲載日:2021/01/25

 物質エネルギー化学専攻 陰山洋 教授(本学物質・細胞統合システム拠点 連携主任研究者)、Cedric Tassel 准教授、高勝寒 博士後期課程二回生、本学人間環境学研究科 山本健太郎 特定助教、内本喜晴教授、ファインセラミックスセンター 藤井進 研究員、桑原彰秀 主任研究員、東北大学大学院工学研究科 及川格 助教、高村仁 教授、東京工業大学理学院 藤井孝太郎 助教、八島正知 教授らの研究グループは、ソフトな陰イオンで構成された一連の逆ペロブスカイト化合物を初めて合成することに成功し、アルカリイオン電池の固体電解質として優れた性質を示すことを明らかにしました。低いエネルギーをもつ特異な回転モードが同物質における高速イオン伝導を助けている可能性を理論的に示しました。


詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
物質・細胞統合システム拠点(アイセムス)ホームページ

 関連リンク

陰山研究室