ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】ペロブスカイト太陽電池の常温熟成機構の解明

【研究成果】ペロブスカイト太陽電池の常温熟成機構の解明

掲載日:2021/02/18

 大北英生 工学研究科教授、キム・ヒョンド 同助教、チョウ・ヨンユン 工学研究科・日本学術振興会特別研究員、若宮淳志 化学研究所教授、ジャンフイ・ジョン シドニー大学博士、ジュエミン・ビン 同博士、リ・ヨン ニューサウスウェールズ大学博士課程学生、グリーン・マーティン 同教授、ファン・シュジュアン 同准教授、ジャン・モン 同博士、ホ・バイリー・アニタ 同教授(現・シドニー大学教授)らの研究グループは、ペロブスカイト太陽電池を空気中で保管することにより効率が向上する機構を包括的に解明しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

大北研究室