ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】金属ナノ粒子で光触媒のモチベーションを上げることに成功 -人工光合成で二酸化炭素(CO2)の再資源化の新展開-

【研究成果】金属ナノ粒子で光触媒のモチベーションを上げることに成功 -人工光合成で二酸化炭素(CO2)の再資源化の新展開-

掲載日:2021/03/11

 Shuying WANG 工学研究科博士課程学生、寺村謙太郎 同准教授、田中庸裕 同教授、堂免一成 信州大学特別特任教授・東京大学特別教授、久富隆史 信州大学准教授の研究グループは、光触媒の活性サイトをうまく分離することによって二酸化炭素の光還元を効率的に進行させることに成功しました。

 なお、本研究成果は文部科学省 元素戦略プロジェクト研究拠点形成型「京都大学 実験と理論計算科学のインター プレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点」ならびに文科省 科研費 基盤研究Bの助成を受けて行われました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

田中研究室