ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】短パルス・高ピーク出力動作可能な新しいフォトニック結晶レーザーの開発に成功 -超微細加工、高精度光センシング、バイオイメージング等への応用に向けて-

【研究成果】短パルス・高ピーク出力動作可能な新しいフォトニック結晶レーザーの開発に成功 -超微細加工、高精度光センシング、バイオイメージング等への応用に向けて-

掲載日:2021/03/29

 野田進 工学研究科教授、井上卓也 同助教、森田遼平 同博士課程学生、メーナカ デ ゾイサ 同講師、石崎賢司 同特定准教授らの研究グループは、短パルス(数10ピコ秒以下)かつ高出力(数10~100ワット以上)で動作可能な新しいフォトニック結晶レーザーの開発に成功しました。


詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

野田研究室