ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】分子構造により細孔径を制御したカーボンを開発

【研究成果】分子構造により細孔径を制御したカーボンを開発

掲載日:2021/05/25

 生越友樹 工学研究科教授(兼・金沢大学特任教授)、西原洋知 東北大学教授、仁科勇太 岡山大学研究教授らの研究グループは、焼成のみで分子レベルで細孔径が制御された多孔性カーボンを開発しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

生越研究室