ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】ソフトなヨウ素の導入で水分解用光触媒の性能が劇的に向上 -人工光合成(太陽光水素製造)の実現に向けた大きな前進-

【研究成果】ソフトなヨウ素の導入で水分解用光触媒の性能が劇的に向上 -人工光合成(太陽光水素製造)の実現に向けた大きな前進-

掲載日:2021/05/28

 小川幹太 工学研究科博士課程学生、鈴木肇 同助教、Chengchao Zhong 同博士課程学生、坂本良太 同准教授、冨田修 同助教、陰山洋 同教授、阿部竜 同教授らの研究グループは、佐伯昭紀 大阪大学教授と共同で、ハロゲン層、ペロブスカイト層、フルオライト層の3種の層からなる酸ヨウ化物が、太陽光を用いる水分解(水素製造)用の有望な光触媒となることを初めて見出しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

 

阿部研究室

陰山研究室