ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】H¯イオンの低温高速伝導を実現

【研究成果】H¯イオンの低温高速伝導を実現

掲載日:2021/06/03

 物質エネルギー化学専攻 陰山洋 教授(本学物質-細胞統合システム拠点 連携主任研究者)生方宏樹 博士後期課程2回生、Cédric Tassel 准教授、分子科学研究所(兼 総合研究大学院大学)竹入史隆 助教、小林玄器 准教授、大阪大学接合科学研究所 設樂一希 助教、ファインセラミックスセンター 桑原彰秀 主任研究員、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 齊藤高志 特別准教授、神山崇 名誉教授らの研究グループは、負の電荷をもつ水素であるヒドリド(H)イオンが、室温から300ºCまでの低温領域で優れた伝導を示す固体材料を発見しました。この優れたイオン伝導が、アニオン秩序による高温相(高伝導相)の低温安定化によってもたらされていることを見いだしました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
物質・細胞統合システム拠点(アイセムス)ホームページ

 関連リンク

陰山研究室