ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】南海トラフのスロー地震震源域近傍に高圧の間隙水帯を確認 -スロー地震発生のメカニズム解明へ前進-

【研究成果】南海トラフのスロー地震震源域近傍に高圧の間隙水帯を確認 -スロー地震発生のメカニズム解明へ前進-

掲載日:2021/06/22

 都市社会工学専攻の神谷奈々研究員は、廣瀬丈洋 海洋研究開発機構上席研究員、濱田洋平 同副主任研究員、神戸大学、九州大学、東京大学らと共同で、地球深部探査船「ちきゅう」によって⾼知県室戸岬沖南海トラフのプレート境界断層近傍から採取されたコア試料を分析するとともに、掘削孔から噴出する流体の流量を解析しました。その結果、初めてスロー地震の震源近傍における高圧の間隙水帯の存在を直接確認することに成功しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

林研究室