ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】人工クモ糸の物性を劇的に改善する新物質を発見 -新素材開発に期待-

【研究成果】人工クモ糸の物性を劇的に改善する新物質を発見 -新素材開発に期待-

掲載日:2021/07/30

 材料化学専攻の沼田圭司 教授は、河野暢明 慶應義塾大学特任講師、荒川和晴 同准教授の研究グループ、理化学研究所環境資源科学研究センター、Spiber株式会社と共同で、ジョロウグモ亜科4種のゲノムを決定した上でマルチオミクス解析を実施し、研究対象のクモ糸がこれまで考えられていた以上に複雑な複合素材であることを明らかにしました。


詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

沼田研究室