ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】凝集抑制剤としてのATPの機能を解明 -ATPが神経変性疾患の発症を抑制する-

【研究成果】凝集抑制剤としてのATPの機能を解明 -ATPが神経変性疾患の発症を抑制する-

掲載日:2021/08/02

 分子工学専攻の西澤茉由 博士課程学生(研究当時)、森本大智 同助教、白川昌宏 教授、菅瀬謙治 准教授、Erik Walinda 医学研究科助教、Benjamin Kohn ドイツ・ライプニッツ・ポリマー研究所研究員、Ulrich Scheler 同部門長の研究グループは、アデノシン三リン酸(ATP)とタンパク質との非特異的な弱い相互作用を原子レベルで検出することに世界で初めて成功しました。


詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京大ホームページ

 関連リンク

白川研究室