ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】AI技術による新規酸化物の発見 -未発見物質の合成条件もピンポイントで予測-

【研究成果】AI技術による新規酸化物の発見 -未発見物質の合成条件もピンポイントで予測-

掲載日:2021/09/30

 材料工学専攻の林博之 助教、田中功 教授らの研究グループは、本研究グループが開発した合成条件推薦システムと1,500件規模の並列合成実験データに基づいて、数万件の未実験条件における合成可能性を評価し、上位300件の検証実験により2つの新規酸化物を発見しました。

 

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

田中研究室