ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】大規模な二酸化炭素除去技術に依存しない温室効果ガス排出削減とそれが土地利用と食料システムへ与える影響

【研究成果】大規模な二酸化炭素除去技術に依存しない温室効果ガス排出削減とそれが土地利用と食料システムへ与える影響

掲載日:2021/10/20

 都市環境工学専攻の藤森真一郎 准教授、大城賢 助教、長谷川知子 立命館大学准教授らの研究グループは大規模な二酸化炭素(CO2)除去に依存せずに、パリ協定の1.5℃、2℃目標に相当する温室効果ガス排出削減を実施することによる土地利用・食料システムへの影響を明らかにしました。

 

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

藤森研究室