ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】徹底的に電子不足化した有機π共役分子の創出に成功 -高機能n型有機半導体材料の創製を目指して-

【研究成果】徹底的に電子不足化した有機π共役分子の創出に成功 -高機能n型有機半導体材料の創製を目指して-

掲載日:2021/05/24

 関修平 工学研究科教授は、田島慶太 名古屋大学博士後期課程学生、福井識人 同助教、忍久保洋 同教授らの研究グループ、松尾恭平 奈良先端科学技術大学院大学助教、山田容子 同教授らと共同で、イミド基とイミン型窒素原子の同時挿入という分子設計指針に基づき、高性能なn型有機半導体として機能する新規電子不足π共役分子の創出に成功しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

関研究室