ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】光子の量子もつれ状態検証の、著しい効率化に成功 -量子センシング、量子通信装置の長距離化に貢献-

【研究成果】光子の量子もつれ状態検証の、著しい効率化に成功 -量子センシング、量子通信装置の長距離化に貢献-

掲載日:2020/11/02

 竹内繁樹 工学研究科教授、岡本亮 同准教授、清原孝行 同博士課程学生(研究当時)、山城直毅 同修士課程学生(研究当時)、荒木裕貴 工学部生(研究当時)らの研究グループは、Holger F. Hofmann 広島大学教授らの研究グループと共同で、光子の量子もつれ状態を、従来に比べて著しく高い効率で検証する方法の実証に、構築した6つの光子間量子ゲートを含む光量子回路を用いて成功しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。

 関連リンク

京大ホームページ