科目名 : 社会基盤工学創生

科目コード 10F081
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講期 前期
曜時限 木曜4時限
講義室 C1-192
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語 日本語
担当教員 関係教員

講義概要

持続的な発展する社会を創生するため、安心,安全で活力があり、国際競争力のある社会を保全創生するために必要な学理・技術体系が求められている。社会基盤工学創生では、社会基盤発展のための地球環境、基礎的科学・工学、社会経済、環境及び生態系を含む自然環境に関する学理・技術の主要な内容とともに、歴史及び最近の進歩について講述する。

評価方法

レポートによる評価(70%)毎回の講義での評価(30%)

最終目標

・ 持続的に発展する社会を創生するために必要な学理・技術体系を理解し,その考え方を的確に示すことができる.・ 社会基盤創生のための主要な内容とともに、歴史及び最近の進歩について基礎的な知識を理解することができる.

講義計画

項目 回数 内容説明
持続的社会基盤創生における地盤工学の役割 2
社会基盤創生における水理水工学の役割と評価 2
社会基盤創生のための計画論 2
社会基盤再構築における材料・構造工学的な課題 2
環境と調和した持続的発展のための資源の探査・開発工学の役割 2
社会基盤創生における環境工学の役割 2
地球環境問題の基礎的理解のための熱流体力学 2
学修達成度の確認 1

教科書

なし

参考書

随時紹介する

予備知識

土木、環境、資源、機械工学に関する基礎的な知識を履修していることが望ましい.

授業URL

なし

その他

各回とも出席を確認する