科目名 : 公共財政論

科目コード 10F203
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講期 前期
曜時限 月曜3時限
講義室 C1-173
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語 英語
担当教員 小林,松島

講義概要

中央政府あるいは地方自治体における予算とその執行に関わる公的財政の考え方について理解するために、マクロ経済モデル、産業連関分析、一般均衡モデルの概念を用いて一国経済の構造を説明する。具体的には、GDPとSNA(国民経済計算)の定義、産業連関分析と一般均衡分析、ケインジアンマクロ経済におけるIS-LMモデルやAD-ASモデル、国際経済モデル、経済成長モデルなどに関して、具体的事例をあげながら説明する。

評価方法

平常点(出席,レポート,クイズなど)3-4割,最終試験6-7割

最終目標

中央政府あるいは地方自治体における予算とその執行に関わる公的財政のあり方を理解する

講義計画

項目 回数 内容説明
概説 1
GNPと社会会計 2
産業連関表と一般均衡モデル 3
AD-AS Model 2
IS-LM Model 1
金融政策 1
国際経済学 2
経済成長モデル 2
まとめ 1 全体のとりまとめと学習到達度の確認をおこなう.

教科書

指定なし

参考書

中谷巌,入門マクロ経済学 第5版,日本評論社,2007
Dornbusch et al., Macroeconomics 10th edition, Mcgrow-hill, 2008

予備知識

ミクロ経済学(地球工学科科目「公共経済学」)に関する予備知識があることが望ましい

授業URL

その他

講義資料はKULASIS上に掲載予定である