科目名 : 災害健康危機管理論

科目コード 10Z069
配当学年 修士課程・博士後期課程
開講期 前期
曜時限 水曜3・4時限
講義室 C1人融ホール、医学部構内杉浦地域健康科学研究センター杉浦ホール
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語 日本語
担当教員 関係教員

講義概要

災害発生時から復旧・復興期までの基礎知識を学ぶとともに,事前対応から事後の対策まで実習を交えて議論する

評価方法

出席及びレポートの内容等を総合的に勘案して評価する.

最終目標

安寧の都市を実現するために解決すべき災害に係る諸問題について,医学,工学の知識の習得並びに課題発見を目指し,参加型学習により災害対応を実践的に思考する.

講義計画

項目 回数 内容説明
災害医療の基礎 2 阪神淡路大震災から東日本大震災
災害医療 1 避難所・仮設住宅での医療問題
災害医療 1 災害の疫学
フィールド学習 1 実際のまちづくり現場において課題発見・データ取得・解析・考察・現実への適用手法を見学する.
災害概論 1 災害概論
対話 1 大規模災害時のBCP
災害医療 1 災害時の人間行動と心理
災害医療 1 こころのケアとPTSD
災害対策 2 災害時に発生する事象
2
災害対策 2 災害時の行動と対応
災害対策 2 コミュニティの持続計画

教科書

特に指定しない

参考書

講義中に適宜紹介する

予備知識

特別な予備知識は必要としない

授業URL

http://www.ulc.kyoto-u.ac.jp/

その他

修得した単位が課程修了に必要な単位として認定されるか否か、所属する専攻において確認すること
開講場所が病院キャンパス杉浦地域医療研究センター、桂キャンパス人融ホール、フィールド学習と変則的に変動するため、開講場所についてはユニットホームページに掲載している時間割(ユニットホームページの公開カレンダーを含む)で必ず確認すること
講義日程等詳細は授業URLを参照