科目名 : GLセミナーⅡ(課題解決演習)

科目コード 25010
配当学年 3年以上
開講期 後期・集中
曜時限 集中講義
講義室 別途指示あり
単位数 1
履修者制限 有(選抜20名程度)
講義形態 講義および演習
言語
担当教員 大石・西 他関係教員

講義概要

 科学技術を基盤とする新しい社会的価値の創出を目標として、(1)マン・マシン・インターフェース、(2)サスティナビリティ、(3)気候変動、(4)リスクマネジメント、(5)バイオテクノロジー、(6)ユビキタス、(7)エネルギーのいずれかをキーワードとする課題を少人数のグループワークを通じて課題を抽出・設定し、解決に至る方策を提案書の形式にまとめる。本講義の課題を通じて、課題設定能力と企画立案能力を養う。また、提案書の内容について、素案から完成版に至る各段階で口頭発表会を実施し、プレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を養う。

評価方法

 各自が選択したキーワード事に編成されたチーム内のグループ討議形式による課題の抽出と設定、目標達成に向けた解決策の提案、提案内容のプレゼンテーション、提出された報告書を総合的に評価する。

最終目標

 課題の抽出・設定から社会的価値の創出を視野に入れた課題解決の提案まで、グループワークを通じて企画案能力を養う。

講義計画

項目 回数 内容説明
1 公募方式により、上記(1)~(7)に示されたキーワードからひとつを選択して、キーワードに興味を持った理由や本セミナーで取り組みたい課題について簡潔にまとめ、提出する。
2 オリエンテーションおよび基礎講義
3 キーワード別の課題設定と問題抽出、ならびに資料収集とグループワーク。
4 課題解決の提案に向けてグループ事に演習を実施。
5~14(集中) 討議形式による集中的なグループワークを通じて、課題解決に向けた提案を企画立案し、報告書原案を作成するとともに、2~3回のプレゼンテーションを実施。
15 グループワークによる報告書の作成・提出。

教科書

必要に応じて指定する。

参考書

必要に応じて指定する。

予備知識

授業URL

その他

実施時期:11月~1月
履修登録方法などは別途指示する。
※取得した単位が卒業に必要な単位として認定されるか否かは、所属学科によって異なります。所属学科の履修要覧を参照して下さい。