科目名 : 情報伝送工学

科目コード 60330
配当学年 3年
開講期 後期
曜時限 水曜・2時限
講義室 電総大
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語
担当教員 村田英一・山本高至

講義概要

情報伝送に関わるフーリエ解析,雑音等について説明した後,ディジタル情報の基底帯域伝送,伝送路符号等について述べる.さらに,代表的なディジタル変復調技術や高効率化手法について論ずる.

評価方法

筆記試験による.ただしレポートの評価を加味することがある.

最終目標

雑音や干渉が存在する伝送路を介した高信頼度情報伝達にかかわる基礎概念の理解.

講義計画

項目 回数 内容説明
通信システム 2 通信システムの構成,回線設計について述べる.
確率過程,雑音,通信路容量 2 確率過程について述べるとともに,雑音,通信路容量の表現方法について述べる.
基底帯域伝送技術 2 PCM,基底帯域伝送について述べる.
多重化,多元接続 1 多重化,多元接続について述べる.
セルラ方式 1 広域公衆無線サービスを実現するセルラ方式について述べ,クラスタ,ハンドオーバーの概念を導入する.
フェージングとその対策技術 1 市街地におけるフェージングの典型的モデルを紹介し,ダイバーシチ等の対策技術について学ぶ.
高速高効率化技術 3 高速化技術として等化とOFDMについて,高効率化技術として適応変調とMIMOについて述べる.
無線システムにおける伝送技術 2 携帯電話や無線LANに利用される伝送技術の基本について述べる.
学習到達度の確認 1 雑音や干渉が存在する伝送路を介した高信頼度情報伝達にかかわる基礎概念の理解に関する学習到達度を確認(講評)する.

教科書

守倉正博 編著,OHM大学テキスト 通信方式(オーム社)

参考書

鈴木博,ディジタル通信の基礎(数理工学社)

予備知識

通信基礎論を受講していることが望ましい.

授業URL

その他

一部省略,追加がありうる.