授業科目名 : プラズマ工学

科目コード 60410
配当学年 3年
開講年度・開講期 平成30年度・後期
曜時限 木曜・5時限
講義室 電総大
単位数 2
履修者制限
授業形態 講義
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 非常勤講師・酒井道,生存圏研究所・准教授・海老原祐輔

授業の概要・目的

プラズマ現象の基本的事項とその応用について講述する.すなわちプラズマ中の基礎過程,電磁場中の荷電粒子の運動,プラズマ電磁流体力学,プラズマ中の波動ならびに輸送現象について述べ,続いてプラズマの各種応用の現状と将来に言及する.

成績評価の方法・観点及び達成度

定期試験、ならびに講義中に若干回数課すレポート提出により、評価する。

到達目標

プラズマ工学の基礎の理解を目指す。

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
プラズマ工学の概要 1 プラズマの基本概念を述べ,プラズマの持つ高温,発光,導電性などの工学的応用について説明する.
プラズマの粒子像 2〜3 プラズマを構成する荷電粒子の電磁界中での運動,特にドリフト,断熱不変量などを説明する.
プラズマ電磁流体力学、プラズマの平衡と安定性 6〜8 プラズマの流体としての性質を述べ、流体方程式系を導出するとともに,弱電離ならびに完全電離プラズマの輸送現象と各種応用について説明する.
プラズマ中の波動 3〜4 プラズマ中を伝搬する電磁波,静電波について説明し,波動-粒子相互作用,波動によるプラズマ制御について言及する.
学習到達度の確認 1 全体を通して,プラズマ工学についての学習到達度を確認する.

教科書

講義ノート(KULASISに電子ファイルを掲示)

参考書等

F. Chen (内田訳):プラズマ物理入門 (丸善)
宮本健郎:プラズマ物理入門(岩波書店)

履修要件

電磁気学

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)

当該年度の授業回数に応じて一部を省略することがある.