授業科目名 : メカトロニクス入門

科目コード 61140
配当学年 3年
開講年度・開講期 平成30年度・後期
曜時限 水曜・4時限
講義室 電総大
単位数 2
履修者制限
授業形態 講義
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 工学研究科・教授・松野文俊, 工学研究科・講師・福島宏明,

授業の概要・目的

機械と電気の融合技術であるメカトロニクスの基礎について学習する。メカトロニクスの歴史と概念を述べ、メカトロニクスの個別の要素技術と応用について解説する。
ここで、メカトロニクスの個別の要素技術とは、センサ・アクチュエータ・コンピュータとインタフェース、アクチュエータの制御法、メカニズムである。また、メカトロニクスの応用としてロボットマニピュレータを取り上げ、運動学と動力学について解説する。

成績評価の方法・観点及び達成度

100点満点の定期試験により評価し、60点を合格とする。

到達目標

この授業では機械と電気の融合技術であるメカトロニクスの基礎を理解することを目標とする。具体的には以下の6項目である。
1.メカトロニクスの歴史、発展過程を理解する。
2.メカトロニクスのシステムの構成を把握する。
3.メカトロニクスの実例を通じてメカトロニクス的な考え方を理解し、身につける。
4.センサとアクチュエータにはどのようなものがあるかを知り、選定ができるようになる。
5.コンピュータによる制御について理解し、状況に応じた複雑な動作を行う電子機械の構成法が分かる。
6.メカトロニクスの応用としてロボット工学の運動学と動力学の基礎を理解する。

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
メカトロニクスとは 3 メカトロニクスの定義と歴史を説明する。また、メカトロニクスの概要と基本構成について説明する。
メカトロニクスの構成要素 6 メカトロニクスの構成要素であるセンサ・アクチュエータ・コンピュータとインタフェースについて説明する。
メカニズムと制御 3 機械運動の種類と機械の機構について説明する。また、アクチュエータやロボットの制御の基礎を説明する。
ロボット工学の基礎 2 ロボットマニピュレータを取り上げ,運動学と動力学について概説する.
学習到達度の確認 1 筆記試験により,学習到達度の確認を行う.

教科書

教科書は用いない。

参考書等

履修要件

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)