授業科目名 : 計算機科学実験及演習1

科目コード 91380
配当学年 2年
開講年度・開講期 平成30年度・前期
曜時限 水曜・3~4時限
講義室 総合研究7号館計算機演習室1
単位数 2
履修者制限 情報学科計算機科学コースの学生に限る
授業形態 演習
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 情報学研究科・准教授・松原繁夫,学術情報メディアセンター・准教授・飯山将晃,情報学研究科・助教・清水敏之,情報学研究科・助教・山本岳洋

授業の概要・目的

コンピュータリテラシおよびプログラミングの基礎について実習する.計算機(ワークステーション)と基本ソフトウェアの操作,ネットワークの利用などに習熟して,計算機システムを知的作業環境として使いこなすとともに,アルゴリズムとデータ構造のJava言語による構成法と表現法を学ぶ.

成績評価の方法・観点及び達成度

課題の達成状況および平常点により評価する.出席を重視し,遅刻や欠席は減点の対象とする.

到達目標

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
安全講習 1 実験を行う上で必要な,安全に関する知識を取得する.
コンピュータリテラ シ 1 ワークステーションやウィンドウシステムの操作.OSの基礎(プロセス 構成やファイルシステムなど)とシェルコマンドの実習,ブラウザやエ ディタの操作など.
プログラミングの初歩 1 Java 言語によるプログラム作成・実行手順と,端末およびファイル入出力 処理を修得する.
アルゴリズムとデー タ構造 (1) 5 種々のソーティングアルゴリズムをしらべながら,プログラムの制御構造 (再帰を含む),種々のデータ構造(配列,リスト構造,木構造),プログ ラムの仕様記述とモジュール化設計の基礎を修得する.
アルゴリズムとデー タ構造 (2) 5 グラフの表現およびグラフを用いた処理(幅優先探索,深さ優先探索,最 短路問題)などをJava 言語を用いて実装する.
高品位ドキュメン テーション 1 LaTeX を用いたアルゴリズムとデータ構造に関するレポート作成.グラ フィックエディタの操作を含む.
学習到達度の確認 1

教科書

授業中に指示する.

参考書等

すべての人のための Java プログラミング, 立木 秀樹, 有賀 妙子, 共立出版
杉原厚吉著,データ構造とアルゴリズム ,共立出版
L.Lamport著,倉沢他監訳:文書処理システムLaTeX,アスキー出版局
野寺隆志著:楽々LaTeX(第2版),共立出版

履修要件

アルゴリズムとデータ構造入門 (91150)
プログラミング入門(91240)

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

http://www.kuis.kyoto-u.ac.jp/ecs/isle/

その他(オフィスアワー等)