授業科目名 : 生物化学工学

科目コード 70300
配当学年 3年
開講年度・開講期 平成29年度・後期
曜時限 金曜・2時限
講義室 総合研究8号館講義室2
単位数 2
履修者制限
授業形態 講義
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 工学研究科・教授・跡見晴幸,工学研究科・教授・濱地格,工学研究科・教授・梅田真郷,工学研究科・准教授・清中茂樹,工学研究科・准教授・森誠之,工学研究科・准教授・原雄二,工学研究科・講師・金井保

授業の概要・目的

生物化学分野における工学的技術・手法を幅広く解説する。主なテーマとして微生物の培養とスクリーニング、酵素の精製と利用法、遺伝子工学、抗体、生体材料工学、創薬、組織工学と再生医学、オミックス研究手法などが挙げられる。

成績評価の方法・観点及び達成度

試験により評価

到達目標

生物化学分野における幅広い工学的手法に関する基礎知識を習得する。

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
遺伝子工学 4 遺伝情報の伝達(DNA複製、転写、翻訳を含む)などについて解説するとともに基本的な遺伝子工学的手法を紹介する。ゲノム・トランスクリプトーム、プロテオームなどの解析手法についても論じる。
生物反応工学 3 細胞増殖速度、細胞増殖の量論(増殖収率等)、微生物の培養(回分培養、連続培養を含む)など生物反応を定量的に論じる。
酵素工学 3 微生物・酵素のスクリーニング、DNAライブラリー、酵素の精製法、酵素の固定化技術について解説する。
生体材料・再生医療 4 最近開発されている生体材料・人工膜・コロイド等の構造と機能および利用法を紹介するとともに再生医学・創薬の基礎についても論じる。
学習到達度の確認 1 本講義の内容に関する理解度を確認する。

教科書

参考書等

履修要件

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)