授業科目名 : 有機化学 I(創成化学)

科目コード 71110
配当学年 2年
開講年度・開講期 平成29年度・後期
曜時限 月曜・1時限
講義室 総合研究8号館講義室1
単位数 2
履修者制限
授業形態 講義
使用言語 日本語
担当教員    所属・職名・氏名 工学研究科・教授・中條善樹

授業の概要・目的

化学が関与するあらゆる創造的分野で、研究者および技術者として活躍するために必要な有機化学の基礎を系統的に教授するための科目として、有機化学I~ IIIを2学年後期から3学年後期の3学期に配当する。有機化学Iは、炭化水素・アルコール・ケトン類の合成と反応を取り扱う。

成績評価の方法・観点及び達成度

中間テスト、期末(定期)テスト、レポート、平常点

到達目標

授業計画と内容

項目 回数 内容説明
求核置換反応 4 求核置換反応の反応機構、立体化学、反応性などについて、その基礎を述べる。
不飽和炭化水素の化学の基礎と反応 3 アルケンおよびアルキンの合成、炭素−炭素二重結合および三重結合を構成するπ結合の性質について述べる。不飽和結合への付加反応について解説する。主な事項は、付加の位置選択性と立体化学、アルケンおよびアルキンの酸化反応である。
アルコールとエーテル 3 アルコールとエーテルの合成、ハイドロボレーション、アルコールから導かれるスルホン酸エステルの求核置換反応、アルコールのハロゲン化アルキルへの変換、エポキシドの反応の立体化学、クラウンエーテルの性質などについて述べる。
カルボニル化合物からアルコールの生成 2 酸化、還元反応、グリニャール試薬、有機リチウム化合物などによるカルボニル化合物からアルコールの生成について教授する。
共役化合物と共鳴 2 種々の共役化合物について、その考え方、構造、特性、応用について述べる。また、共鳴構造式について、その書き方、安定化への寄与について講述するとともに、ディールスアルダー反応の具体例を解説する。
学習到達度の確認 1 本講義の内容に関する理解度の確認をする。

教科書

Organic Chemistry (9th edition, T. W. G. Solomons and C. B. Fryhle, John Wiley and Sons, Inc.) (2007) .

参考書等

履修要件

授業外学習(予習・復習)等

授業URL

その他(オフィスアワー等)

適宜レポート宿題を与え、講義内容の復習を課す。また、通常の期末テストとともに中間テストを行う。