科目名 : 数理工学概論

科目コード 91140
配当学年 1年
開講期 前期
曜時限 火曜・3時限
講義室 共同2講義室
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語
担当教員 田中(利)・永持・谷村

講義概要

通信や推論,オペレーションズ・リサーチ,量子情報理論などを題材として,モデリングや解析における数理工学の基本的な考え方を解説する.

評価方法

レポートにもとづいて成績評価する.

最終目標

数理工学の基本的な考え方を理解する.

講義計画

項目 回数 内容説明
ランダムさに潜む数理(田中(利)) 4 扱う対象を数学のコトバで記述し操作することによって,素朴な直観では及びもつかない結論を導くところが,数理工学の醍醐味であろう.ディジタル通信や推論に関する問題群を通して,ランダムさの背後に潜む厳密な法則性がいかに捉えられ,どういう形で活用されるか,という切り口から数理工学の方法論の一端を紹介する.
最適化入門(永持) 4 数理モデリングの初歩を紹介するために,オペレーションズ・リサーチに焦点を絞り,その基礎的な考え方を講述する.さらに,モデル化された問題を解くための数理計画法,最適化アルゴリズムについて解説し,大規模な問題を計算機を用いて解く上では,数学的構造に基づいたアルゴリズム設計が計算効率向上に極めて重要であることを述べる.
量子情報入門(谷村) 4 人間サイズのマクロな世界はニュートン力学やマックスウェル電磁気学などの古典力学の法則に支配されているのに対し,原子や電子などのミクロの世界は量子力学の法則に支配されている.最近,量子力学の法則を利用した新しい通信技術や計算機の可能性が活発に研究されている.この講義では,量子力学の基礎や光の量子論を解説し,量子暗号システムについて紹介する.
予備 3

教科書

なし

参考書

なし

予備知識

なし

授業URL

その他