科目名 : 画像処理論

科目コード 90660
配当学年 3年
開講期 前期
曜時限 火曜・1時限
講義室 学術メディアセンター202
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語
担当教員 美濃導彦, 椋木雅之

講義概要

計算機を用いた画像処理の原理、手法について概説する。
とくに、画像の入出力、画像に対する信号処理、画像分割処理、特徴抽出処理についてその原理と手法を講述するとともに、計算機の基本的な入出力メディアとしての画像の果たす役割について考察する。

評価方法

毎回のレポート40%・期末試験60%
または 期末試験100%

最終目標

計算機を用いた画像処理の原理と手法を理解する。

講義計画

項目 回数 内容説明
画像処理の概説 1〜2 画像処理とは何かについて説明し、コンピュータビジョン、ロボットビジョンなどの関連分野についても簡単に説明する。
画像の入出力処理 4 アナログとディジタル、スキャナとTVカメラ、プリンタ、サンプリング定理など、画像の入出力に関わる原理について説明する。
画像の前処理 4 画像復元に利用する各種フィルタリング手法、色の変換や表色空間などについて講述する。
画像の分割 4 エッジ点の抽出法・領域分割法・二値化手法・線分の抽出法などの画像分割の手法について説明する。
特徴抽出 1〜2 線の特徴・色彩特徴・テクスチャ特徴などについて説明する。

教科書

美濃導彦:画像処理論(昭晃堂)2011年3月28日発刊予定

参考書

長尾:画像認識論 (コロナ社);
Rosenfeld,Kak:長尾監訳:ディジタル画像処理 (近代科学社);
森, 坂倉:画像認識の基礎I,II (オーム社)

予備知識

情報理論(90230), データ構造(91000), 確率と統計(90280)

授業URL

その他

当該年度の授業回数などに応じて一部省略,追加がありうる.