科目名 : 量子物理学2

科目コード 50192
配当学年 3年
開講期 後期
曜時限 火曜・1時限
講義室 物313
単位数 2
履修者制限
講義形態 講義
言語
担当教員 宮寺

講義概要

量子論の基本的枠組みについて説明する。また、摂動論を解説し、それを用いてより複雑な系の解析を行う。

評価方法

筆記試験の成績により評価する。

最終目標

量子論の基本的枠組みについて理解する。また、水素原子など現実的な系の解析を行えるようになる。

講義計画

項目 回数 内容説明
量子論の基本的枠組み 2 量子論の基本的枠組みを復習する。また、不確定性関係やBellの不等式の破れなど量子論特有な概念を説明する。
角運動量 3 量子論における角運動量について説明する。対称性の概念にも触れ、スピンの導入も行う。
中心力ポテンシャル 1 中心力ポテンシャルを運動する量子力学的粒子の振る舞いを調べる。水素原子のエネルギー固有状態を求める。
定常状態の摂動論 3 エネルギー固有値(固有状態)を近似的に求める定常状態の摂動論(縮退がある場合、ない場合)を紹介する。例として非線形振動子やシュタルク効果などを検討する。
時間発展に関する摂動論 2 時間発展する物理量を解析する相互作用描像を用いた摂動論について解説する。周期的外場がある場合の遷移や、非線形振動子の振る舞いなどを調べる。
多粒子系 2 量子力学的多粒子系を導入する。スピンと統計の関係を説明し、Fock空間によるBosonとFermionの記述を解説する。
量子論の発展 1 量子論を用いた技術である量子情報に関する話題を紹介する。
学習到達度の確認 本講義の内容に関する到達度を確認する。

教科書

特に定めない

参考書

現代の量子力学〈下〉(J.J.Sakurai,吉岡書店)
量子論―その数学および構造の基礎(C.J.Isham,吉岡書店)

予備知識

量子物理学1、線形代数

授業URL

なし

その他

なし