ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 研究 / 【研究成果】世界各国の2050年の温室効果ガス削減目標を分析するための国際的な研究フレームワークの提案

【研究成果】世界各国の2050年の温室効果ガス削減目標を分析するための国際的な研究フレームワークの提案

掲載日:2021/06/03

 都市環境工学専攻の藤森真一郎 准教授、大城賢 助教、博士課程学生の西浦理さん、修士課程学生のZhao Shiyaさんは、杉山昌広 東京大学准教授、国立環境研究所等と共同で、世界各国の2050年の温室効果ガス削減目標を分析するための国際的な研究フレームワークを提案しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
京都大学ホームページ

 関連リンク

藤森研究室