ホーム / 学科・専攻等 / 専攻(大学院) / 社会基盤工学専攻

社会基盤工学専攻

新たな産業と文明を開き、環境と調和して、安全・安心で活力ある持続可能な社会を創造するためには、人類が活動する領域とその中にある社会基盤構築物を対象とした技術革新が欠かせません。本専攻では最先端技術の開発、安全・安心で環境と調和した潤いのある社会基盤整備の実現、地下資源の持続的な利用に重点を置き、社会基盤整備を支援する科学技術の発展に貢献します。そのために、地球規模の環境問題とエネルギー問題を深く理解し、国際的かつ多角的な視野から新たな技術を開拓する工学基礎力、さらに実社会の問題を解決する応用力を有する人材を育成します。すなわち、1)工学基礎に基づく最先端科学技術の高度化、2)自然災害のメカニズム解明と減災技術の高度化、3)社会インフラの統合的計画・設計技術とマネジメント技術の高度化、4)発展的持続性社会における地下資源エネルギーの利用、5)低炭素社会実現に向けた諸問題解決に対し、高い工学基礎力を有する高度技術者を育成します。

1) 工学基礎(Engineering Science)に基づく最先端科学技術の高度化
地球環境問題の深刻化とエネルギー問題の顕在化は、工学的課題をより広範かつ複雑なものに変質させ、地球規模問題の機動的な解決に資する成果が求められています。このため、実現象との比較を通じて、現実的かつ応用・展開性を常に意識した取り組みがさらに重要となっています。マルチフィジックスシミュレーション技術の構築を喫緊の課題ととらえ、工学基礎に基づくより広い視点からの総合的課題解決能力の修得を目指します。
2) 自然災害のメカニズム解明と減災技術の高度化
安全・安心な社会の基礎としての社会基盤の創出・保全を図るためには、減災・防災技術の高度化は必須です。自然災害の原因は、地殻変動と気候変動であり、地震災害、火山災害、風水災害、地盤災害などに分類されます。近年は、温暖化など地球規模で活発化する気候変動により災害がより広域化、巨大化、複合化する傾向にあります。計測技術や災害予測法の高度化、広域ハザードマップ作成などの災害情報マネジメントや経済的で有効な災害対策技術の構築が求められています。減災技術構築のため、計算科学や計測・実験科学などの先端的工学基礎に基づいて技術的イノーベーションを実現することを目標とします。
3) 社会インフラの統合的計画・設計技術とマネジメント技術の高度化
インフラ施設の安全性と機能性を確保しつつ、期待されるサービス水準を着実に維持し、環境との調和や人間工学に立脚した快適性を追求しながら社会インフラの創造と更新を進める技術開発を進めます。また、既存の社会基盤施設の維持管理に係る点検・モニタリング、診断、補修・補強・更新、長寿命化などに関する革新的技術、社会基盤施設の維持管理情報をデータベース化するGIS技術、維持管理コストの平準化と低減化を実現するマネジメント技術、景観・環境と都市防災を考慮した都市基盤施設と公共空間の計画設計技術などを開発し、先進国および急速に発展するアジア諸国を含めた社会インフラのマネジメント技術の高度化に貢献します。
4) 発展的持続性社会における地下資源エネルギーの利用
地殻内鉱物資源・エネルギーの探査・開発・生産や地下空間の安定的且つ持続的な有効利用、及び地圏を利用する人工構造物の建設・維持・管理には、地殻に関する情報を整理し、地圏と人類社会の関係の理論的学理の構築および環境にやさしい実際論的な利用技術の開発が求められています。地下可視化技術の高度化、衛星技術などのリモートセンシング技術、GIS等の地理情報システムとの統合的解析技術や安全安心なロボティックス技術の導入など、急速に都市化が進むアジア諸国への技術移転を視野に、社会の要請に応える技術開発を進めます。
5) 低炭素社会実現に向けた諸問題解決への寄与
資源・エネルギーのリサイクルや効率的な利用に加え、既に大量に排出された炭酸ガスや原子力発電所廃棄物などの環境破壊物質の地中貯留、地層処分技術の確立など、低炭素社会の実現に向けた諸問題の解決に寄与するために、自然あるいは人工的要因による地殻内物理状態変化や流体循環などの現象解明を行い、その結果に基づいて殻内部環境に配慮した地殻利用技術、物理状態変化を把握する技術の進歩に貢献します。