ホーム / 学科・専攻等 / 専攻(大学院) / 物質エネルギー化学専攻

物質エネルギー化学専攻

化学の世界では自然科学の立場から未知の化学現象の仕組みを解明し、新しい知識を見いだすとともに、それを人々の生活や社会にとって有用な形で結晶させることを目標としています。

京都大学工学研究科物質エネルギー化学専攻では、広い知識と視野を持った人材を育成するために、学理の基礎と原理を学び、科学的なものの見方・考え方を養うためのカリキュラム編成を行って、21世紀に活躍する意欲に満ちた学生を待っています。

前世紀における文明の飛躍的な発展は、天然資源の大量消費と環境への大きな負荷を伴うものでした。

21世紀において、人類の持続的発展を可能とする環境調和型文明を構築するためには、社会を支える科学技術に根本的な革新と質的発展が求められます。すなわち、最少の資源とエネルギーを用いて環境に負荷をかけずに高付加価値の物質を得るための技術、太陽光などの自然エネルギーを電気・化学エネルギーへと高効率に変換するための技術、そしてこれらを貯蔵・利用するための技術、の開発と発展が不可欠であり、これらの技術を統合することにより資源の循環及びエネルギーの高効率利用が可能な新たな社会システムを構築することが強く望まれます。

これを可能にするためには、物質とエネルギーに関する新しい先端科学技術の開拓が不可欠であり、物質変換及びエネルギー変換を支える化学は、その中心的役割を担う学術領域であることは言うまでもありません。

このような時代の要請に根本から応えるために、物質エネルギー化学専攻では、第一に、基礎化学の効果的な継承と学理の発展、第二に、それを基盤とした独創性の高い応用化学の展開を推進することを基軸として、新しい環境調和型の物質変換及びエネルギー変換と資源の高効率循環を可能にするための研究を行っています。