ホーム / 学科・専攻等 / 専攻(大学院) / 原子核工学専攻

原子核工学専攻

わたしたちは、素粒子、原子核、原子や分子など、量子の科学に立脚したミクロな観点から、量子ビーム、ナノテクノロジー、アトムテクノロジーなど、最先端科学を切り開く量子テクノロジーを追求するとともに、物質、エネルギー、生命、環境などへの工学的応用を展開して、循環型システムの構築を目指しています。そして、体系的かつ立体的な教育・研究を通じて、先端的研究者や高度専門技術者などの人材を育成しています。わたしたちは、このような研究・教育によって、人間社会のより豊かで持続ある発展に貢献しています。

わたしたちはさまざまなテーマをもって研究に臨んでいますが、そのいくつかを紹介します。

加速器を用いた研究:イオン・クラスター・電子・陽電子・X線などの高機能量子ビームを用いて、物質中のナノレベル衝突現象の解明と物質科学や生命科学における応用を目指した研究を行なっています。また、医学研究科や原子炉実験所と連携して研究開発を志向する医学物理士育成を視野に入れた医工融合型研究を進めています。さらに、原子炉実験所において新しい加速機構による加速器の開発も行っています。

量子力学の基礎と中性子を用いた研究:ミクロな世界を記述する量子論特有の構造や性質を調べ、その情報技術への応用などを考える理論的研究を行っています。また、中性子やX線などの放射線による物質の構造・機能の分析、医療・工業利用への応用を目指して、放射線の検出器や計測法の開発、およびこれらの基礎となる反応断面積評価などの研究を進めています。

核エネルギーの利用に関する研究:核反応によるエネルギーを安全で効率的に利用するため、その発生と変換に関する物理と工学を研究しています。それとともに溶融炉心の冷却性など、シビアアクシデント挙動の明確化とアクシデントマネジメント策の有効性に関する研究を行っています。また、核融合を目指して、超高温プラズマにおける物理現象の解明と制御手法に関する研究をしています。さらに、原子炉や核融合炉などの核エネルギーシステムの安全の確保や、放射性廃棄物の安全な処理・処分のための材料研究をしています。ナノテクノロジーを用いて先端的な新材料の研究・開発も行っています。